新4K8K衛星放送対応 BL型共同受信設備用機器を2018年3月1日から発売!

DXアンテナ株式会社(兵庫県神戸市:代表取締役社長 米山實)は、新4K8K衛星放送に対応したBL型共同受信設備機器計17機種を2018年3月1日より発売致します。

いよいよ2018年12月1日より 本放送が開始されるすべての新4K8K衛星放送(3224MHz)に対応した BL型共同受信設備機器について、2017年12月22日に改正されたBL性能規定に適合した下記 計17機種を3月1日より発売。現在ご好評をいただいております「DXアンテナ2K・4K・8K マルチシリーズ」に、BL型共同受信設備用機器を加えてラインアップを充実させます。

これにより集合住宅や商業施設等、共同受信設備におけるBL機器での4K8K受信システム設計のご提案が可能となります。また、追加・改正された電波漏洩に関する規定についても、DXアンテナの「高シールド」設計により、規定で求められる全ての帯域での電波漏洩規格を満足しており、様々な環境の中で安心してご使用いただくことができます。

新発売機器

①棟内ブースター  3機種

・CS・BS-IFブースター

・CS・BS-IF・UHF・FMブースター

・CS・BS-IF・CATV双方向ブースター

②混合(分波)器 2機種

・屋外用及び屋内用 CS・BS-IF+UHF・FM(CATV) 混合(分波)器 各1機種

③ 分配器・分岐器  7機種

・屋内用 2 / 4 / 6 / 8 分配  4機種

・屋内用 1 / 2 /4 分岐器  3機種

④壁面テレビ端子 5機種

・1端子型、2端子型  各1機種

・上りカットフィルター付 1端子型、2端子型  各1機種

・上りカットフィルター1端子型 小型タイプ1機種

また、2K機器やCATV用機器におきましても 改正された電波漏洩性能規格に適合する 「E」付BL型番 共同受信設備用機器 13機種も 同じく3月より発売を開始いたします。

 

DXアンテナ「高シールド」設計により、既に発売済みの「CS・BS-IF・UHF・FMブースター(型番:CSBSUF2W1) 」も含めBL改正規定で求められる全ての帯域の電波漏洩規格を満足しており、新設や既設改修において幅広く安心してご使用いただくことができます。

新発売機器

①棟内ブースター 4機種

・CS・BS-IFブースター 1機種

・CS・BS-IF・CATV双方向ブースター 2機種

・CATV双方向ブースター 1機種

(CS・BS-IF・UHF・FMブースター/型番:CSBSUF2W1 は発売済み)

②混合(分波)器 1機種

・屋外用 UHF+VHF・FM 混合(分波)器

③直列ユニット 8機種

・1端子型 中間用・端末用 各1機種

・2端子型 中間用・端末用 各1機種

・上りカットフィルター付 1端子型 中間用・端末用 各1機種

・上りカットフィルター付 2端子型 中間用・端末用 各1機種