電波法関連法令 無線設備規則の改正に伴う
旧規格製品の使用停止のお願い

2005年に「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準」が改正されました。
これにより、旧技術基準(旧規定)にて認証を受けている無線設備について、使用期限が設けされました。
2022年12月1日以降、旧規定にて認証を受けている無線設備は使用出来なくなります。
旧規格の特定小電力無線設備を使用期限を超えてご使用された場合、電波法違反となり、罰則・罰金
(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象となりますので、お早めに買い替えをご検討ください。

当社該当製品「スマートホンシリーズ」「ワイヤレスセーフティシステム」「ハイアラーム3」「スーパーワイヤレス」をご利用のお客様は、
「製品型番」「認証番号」をご確認ください。

該当型番の一覧・詳細な情報はこちら(PDFリンク)

<該当製品一覧>

<認証番号ラベル記載例>

※認証番号の記載位置は製品によって異なります。
※ラベルは本体の裏面やフタを開けた内側に貼り付けてあります。

■代替品

※機能について若干異なりますので、ホームページにて確認またはカスタマーセンターにお問い合わせください。
※ワイヤレスセーフティシステム、ハイアラーム3、スーパーワイヤレスの代替品はありません。

詳細は、総務省の電波利用ホームページご覧ください。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm