既設の同軸ケーブルでIPネットワークを構築できる高速同軸モデム「EOC10シリーズ」を発売

当社は、既設の同軸ケーブルを利用してIPネットワークを構築できる高速同軸モデム「EOC10シリーズ」を10月10日に発売いたします。

本製品は既設のテレビ用同軸ケーブル伝送路を利用することから、新たなLAN配線工事が不要で導入コストの大幅削減が行えます。さらに安定したセキュリティ性の高い高速データ通信を実現し、既存集合住宅でのネットワーク構築や、一般住宅でのTVのインターネット接続・ネットゲームでの利用など多様な用途に適しています。

高速同軸モデム

<新製品の主な特徴>
1.導入コストの大幅削減。
既設のテレビ用同軸ケーブル伝送路を利用することから、導入の際に新たなLAN配線工事など大幅な工事を必要とせず、低コストで導入することが出来ます。

2.安定した高速通信を実現。
HD-PLC方式採用により、最大240Mbpsの高速通信が可能です(物理速度:他社比最速※)。また同軸ケーブルはシールド性が高いため環境ノイズや妨害電波の影響を受けにくく、LANケーブル接続と同等の安定通信が可能です。
※2014年4月現在、当社調べ。

3.機器設定が簡単※。
プラグアンドプレイ方式採用により同軸ケーブルを接続するだけで通信可能です※。
※集合住宅向け「EOC11CO1」はSET UP(手動登録)仕様です。

4.長距離伝送に対応。
最長約2kmの長距離伝送が可能です。大規模施設や、離れた場所とのネットワーク構築が可能です。

5.セキュリティ機能搭載。
AES128bit暗号方式を採用し、セキュリティ性を高めました。

適した導入先・用途
・既築の集合住宅(インターネット、IP電話、IP放送サービスなど)
・既築のホテル(インターネット、ビデオオンデマンド(VoD)サービスなど)
・既築の病院(インターネット、ベッドサイド端末との接続)
・新築・既築の介護施設(入居者の入退管理、健康管理)
・既築の学校、公共施設(教室でのインターネット、教育コンテンツ、配信・再生、IPカメラ接続)
・既築の戸建て(インターネット、ネット対戦ゲーム、コンテンツのリモート視聴)

希望小売価格:オープン
発売予定日:平成26 年10 月10 日

catalogeDL[1]