地デジ+BS+110 度CS+更にLTE に対応したレベルチェッカーを発売。

当社は①地デジ②BS③110度CS④LTE(700MHz帯携帯電話 上り・下り)のレベル測定に対応した新製品「レベルチェッカー LC50W」
を6月1日に発売いたします。

今回発売するLC50Wは、「110度CS放送のレベルも測れるチェッカーが欲しい」、「今後サービス提供されるLTE(700MHz帯携帯電話 上り・下り)の信号も測れるチェッカーが欲しい」との市場の要望・お客様の声を受け、新たに110度CS・LTE(700MHz帯携帯電話 上り・下り)のレベル測定にも対応いたしました。

 

LC50W

 

<新製品の主な特長>
1.①地デジ②BS③110 度CS④LTE(700MHz 帯携帯電話 上り・下り)のレベル測定に対応
弊社従来機種LCW40CUは「地上デジタル放送」「BS放送」までのレベル測定に対応していましたが、今回新たに「110度CS放送」、「LTE(700MHz帯携帯電話 上り・下り)」のレベル測定にも対応いたしました。

2.①地デジ②BS③110 度CS の信号品質の確認が可能
「地デジ」「BS」「110度CS」についてレベル測定と同時に信号品質の確認が行えます。地デジはMERまたはBER、BS・110度CSはC/NまたはBERの測定が行えます。
※BER: ビット誤り率 ※MER: 変調誤差比 ※C/N: 信号対雑音レベル比

3.チャンネルスキャン機能内蔵(特許出願中)
チャンネルスキャン機能を内蔵しているので、測定の度にチャンネル確認の必要がなく、簡単に測定が行えます。

4.ブースター内蔵アンテナやBS・110 度CS アンテナへ電源供給が可能。
DC15Vの電源供給と電圧測定が可能です。

5.業界No.1 の大画面で見やすく表示、”GOOD 表示”と”音”で分かりやすくお知らせ。
業界No.1の大画面です。受信が良好な場合、画面表示と音でお知らせします。

 

6.付属のカードに測定データの保存が可能。
付属のmicroSDカードに保存した測定データを、パソコン上でCSVファイルとして利用することが出来ます。更に弊社“楽々集計ソフト”を利用することで検査報告書を簡単に作成することが出来ます。

catalogeDL[1]